口金販売のクレジット決済
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
がま口作品展示ひろば
みんなの作品展示ひろば☆
がま口が完成したら作品を投稿してくださいね♪
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▼△▼

カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

yumico

横浜で活動してます☆ショップや作品に関する新着情報を随時更新してます♪どうぞご覧ください♪

店長日記はこちら

モバイル

Feed





☆口金の開閉をカンタンに調節する方法☆


口金が開きが

・ゆるかった
・固かった


こんなことってありまよね。

ハマラボでは口金の調節方法を公開しております!


普通の口金の場合は・・・

-------------------------------------------------
 ▼つまみが固い場合▼

「かしめ器具」または「ペンチ」で外側に少し曲げます。


▼つまみがゆるい場合▼

つまみを2個挟んで力を入れます。



この「かしめ器具」は真ん中に穴があるので、
ちょうど「つまみ」を挟みやすいんです。
まさに、がま口のための器具です!

-------------------------------------------------

こんな感じで調節できます☆


でも、「木玉」や「カラフル玉」の場合は別の方法で調節します。


この様な「玉付き」の口金は、通常の方法では調節ができないのです。



これらの口金は、この「真ん中の玉」によって開閉されます。


木玉口金の調節方法
なので普通の口金と同じように「玉」挟んで調節したり、


木玉口金の調整方法
根元を挟んで調節しようとしてはいけません!



「木玉」などは滑りやすいですし、金属よりも柔らかいので、
このように「傷」が付いちゃいます。


せっかくの口金が台無しになり、とてももったいないです。



なので、赤丸の部分を調節します。
この部分は「蝶番(ちょうつがい)」や「リベット」と呼ばれる部分です。


口金の調節方法
まず右側のこの部分を「かしめ器具」で挟みます。
そして外側へ少し倒す感じで曲げます。
※曲げ過ぎに要注意。


口金を緩くする方法
次に左側も同じ方向へ少し倒す感じで曲げます。
※曲げ過ぎに要注意。

これで、口金の開閉がゆるくなります☆


つまり逆のことをすれば、ゆるみを解消することもできるのです。


この調節方法をまとめると・・・


口金の開閉を締める方法

ということです♪

とってもカンタンな方法なので、覚えておくと良いと思います(^O^)/


小さなお子さんが使う場合は、口金の開閉は緩い方が良いですよね☆

使う人に応じて、臨機応変に調節できますので、この方法はオススメです!



【口金の調節に便利な道具】

「かしめ用 器具」はコチラ